×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

面接が気がかり

転職で悩まされている人に話を聞くと、転職の際の面接が気がかりと言う悩みがあるようですね。転職先の企業としても最近の傾向としては、履歴書などと言った書類のみで採用を決めるよりも、面接をとおしてその人の人柄やヤル気などを重視して採用を決める方向に向かっているようです。転職を希望する側からしても、面接と言うものは自己PRの最も大きなチャンス(ピンチだと思うような状況が実はチャンスだというのは、よくいわれることですね)でもある訳ですから、事前に面接の準備をしっかりと整えておくことが大切になってきます。

転職の際、面接で気を付けなければいけないことは、まず第一印象だと言えます。転職の面接を受ける際は、時間にしてたった数十分程度で自分という人間をアピール(面接や選手選考、オーディションなどでよく行われますね)しなくてはいけないのですから、持ち物や服装といった最低限のマナーを守らないのはもっての他です。いくら転職をしたいというヤル気がみなぎっていたとしても、ヨレヨレのスーツを着ていたり、あまりにも派手な服装だったりと最低限のマナーも守れないようでは、転職の面接で合格することはむずかしいでしょう。まず、面接を受ける際の服装やマナーとして最低限これだけは守ってほしいこともあるのです。

・着ていく服にはちゃんとアイロンをかけ、靴(オシャレな人は足元にこだわっていることが多いそうですよ)は磨き、清潔感のある服装を心がける・男性であればヒゲを整え、女性であれば華美な化粧、アクセサリーは避け、上品なイメージを心がける・面接には時間に余裕をもって出かけ、遅刻することのないように・必要書類などの確認も忘れずに・面接時以外でも人は見ているものですから、待合室などでも気を抜かずに礼儀正しい応対をする

他にも転職の面接を受ける際には、姿勢なども大切なので、しっかりと背筋を伸ばし、足など組まないように礼儀正しく面接を受けてください。転職の際の面接では、ある程度聞かれることも決まっていますので、事前に調査して自分なりの答えを用意しておくことも重要でしょう。