×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職を希望する企業

転職を希望する企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)に面接を受けに行く際に、事前の準備というものが非常に重要になってきます。面接で聞かれることには、ある程度の決まりがありますので、まずは質問されることを知って、自分なりの答えを用意しておきましょう。

転職の面接で聞かれることには以下のようなものがありますよね。・当社へ転職を希望した理由は何ですか?・転職前にいた会社を辞めた理由は何ですか?・転職前にいた会社では、どのような仕事をしていましたか?・当社に転職が決まったら、どのような仕事を行いたいですか?・当社以外に転職を希望している会社はあるかもしれませんねか?・何か質問はありませんか?

他にも女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の転職のケースですと、配偶者や子供の有無を聞かれることがありますが、これはいざ転職が決まったもののすぐに又、退職されたのでは企業も困るので先に聞いておくわけですね。子供がいる女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)が転職を希望行うのであれね、「祖母が面倒を見てくれますので」など、子供の理由で会社を辞めることはないということを伝えておくといいでしょう。

転職の面接で必要なのは、前向きな自分をアピールすることです。辞めた理由もネガティブな内容ではなくて、自分はこういったことをしたかったが思うようにいかなかったので、御社に転職が決まった時には必ず実行したいになるんですなどという前向きな発言を行うようにすると、企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)からのイメージも変わるでしょう。何も質問することがないと言うのも、あまり良い?象ではない為、転職への熱意を感じさせるためにも、質問を用意しておきましょう。例えば、「転職者に対して御社が求めているのはどういった戦力ですか?」など、思い切って聞いてみるのも1つの手になりますよね。